FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

艇庫業務のご案内

 【07//2013】

艇庫会員特典と安心のセキュリティー

洗艇、温水シャワー、ケミカル(ワックス、防錆剤など)使いたい放題!! 各種保険、セコム対応、全面バリケード   <年間契約・月極契約・保管料・運搬料一覧>

トレーラー保管(ジェットスキー積載状態・車検証規格内であれば積載艇不問)

屋外保管 月極 年間一括払い
軽規格トレーラー(~全幅1,500mm) 3,500円 38,500円
普通規格トレーラー(~全幅1,700mm) 4,000円 44,000円
普通規格トレーラー(~全幅2,200mm) 5,000円 55,000円
普通規格トレーラー(~全幅2,500mm) 6,000円 66,000円

 

屋内保管(台数限定) 月極 年間一括払い
軽規格トレーラー(~全幅1,500mm) 7,000円 77,000円
普通規格トレーラー(~全幅1,700mm) 8,000円 88,000円
普通規格トレーラー(~全幅2,200mm) 10,000円 110,000円
普通規格トレーラー(~全幅2,500mm) 12,000円 132,000円

 


 

艇体保管のみ(要ランチャーもしくは可動式船台)

屋外保管 月極 年間一括払い
1人乗り 2,000円 22,000円
2人乗り 3,500円 38,500円
3人乗り 4,000円 44,000円
4人乗り 5,500円 60,500円

 

屋内保管(台数限定) 月極 年間一括払い
1人乗り 4,000円 44,000円
2人乗り 6,500円 71,500円
3人乗り 8,000円 88,000円
4人乗り 11,000円 121,000円
 
 
運搬サービス
保管トレーラー 2,000円/1往復
保管艇 3,000円/1往復
入会金
当ショップ購入(艇・トレーラー) 無料
他ショップ購入(艇・トレーラー) 30,000円/1台
 
 

<以下賃貸条件>

第1条(賃貸借の目的)
甲と乙は表記駐艇場(以下「本物件」という)を表記艇車両の駐艇車を目的として賃貸借する。
第2条(賃貸借期間)
本契約の期間は表記の通りとする。但し、期間満了までに甲乙協議して更新契約書を作成し、本契約を更新できる。
第3条(賃料)
1.乙は毎月表記期日までに翌月分を表記の方法により支払う。但し、1ヶ月に満たない期間の賃料は日割計算とし、賃料を改定した場合も同様とする。
2.賃料は契約期間内であっても、経済情勢、近隣相場、本物件の状況等により不相当となった場合は、甲乙協議して増減できる。
3.乙が賃料の支払いを遅延した時は、これに年率14.6%の遅延損害金を加えて乙は甲に支払わなければならない。
第4条(入会金)
1.乙は甲に対し表記の入会金を支払う。但し甲は入会金の返還はしない。
第5条(禁止行為)
1.乙の艇車両は本契約での指定の位置以外に駐車してはならない。尚、通路は常時十分に空け、他の艇車両の出入りを妨げてはならない。
2.乙は甲に無断で本契約で指定した艇車両以外の艇車両を駐艇車したり、物品を置いたりしてはならない。
3.乙は甲に無断で本物件の原状を変更してはならない。
4.乙は美観を保って本物件を清潔に使用し、本物件についてゴミ等の投棄、危険物又は薬物等の持込み、隣地境界の侵害及び近隣の迷惑となる行為を行ってはならない。
5.本契約に基づく賃借権の譲渡、又は転貸を行ってはならない。
第6条(損害負担の帰属)
1.乙の艇車両に対し、本物件内で他艇車両による事故、天災等による被害又は火災、盗難等の被害が発生しても、甲は乙に一切の責を負わない。
2.乙、又は乙の代理人、使用者、運転者、同乗者等の責に帰すべき事由により、本物件又は隣地もしくはそれらの施設、あるいは本駐車場内の他艇車両に損害を与えたときは、乙は速やかにその旨を甲又は相手方に通知し、その損害を賠償しなければならない。
第7条(契約解除)
1.乙が本契約の定め、もしくは甲又は甲の指定する者の定めた管理規則に違反した場合は、甲は催告の上本契約を解除できる。この場合、乙は即時本物件を明け渡さなければならない。尚、これによって生じた甲の損害について、乙は賠償しなければならない。
2.乙が賃料等を1ヶ月以上滞納した場合は、有無にかかわらず甲は催告の上本契約を解除できる。
第8条(契約の終了)
甲又は乙が本契約を解除又は期間満了により終了しようとする時は、甲乙ともに1ヶ月前までに相手方に通告しなければならない。但し、乙は前記予告に替え、1ヶ月の賃料に相当する金員を甲に支払い、即時解除できる。
第9条(明け渡し義務)
1.乙は本契約終了後、直ちに本物件を甲に完全に明け渡し、もし乙が乙の車両、物品等を残置した場合は、甲が乙の費用負担でこれを任意に処分しても、乙は一切異議を唱えることができない。
2.本契約終了後も乙が本物件を甲に完全に明け渡さない場合は、乙は契約終了の翌日から明け渡しの完了した日まで、賃料等の2ヶ月分相当額の損害金を甲に支払わなければならない。

関連記事
スポンサーサイト



Category: ショップ案内

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks